一般社団法人 霧島工業クラブ「お知らせ・ニュース」

204 件中 116120件目を表示: 前のページ [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 ] 次のページ

【ニュース】 平成30年度合同企業説明会が開催されました 2018.12.19(水)
都城高専と(一社)霧島工業クラブが共催し、平成30年12月19日(水)14:40〜16:10(90分間)に、都城高専第一体育館にて平成30年度合同企業説明会が開催されました。

翌年インターンシップを迎える本科生3年生全員(160名)並びに4年生及び専攻科生の参加希望者を対象に、キャリア教育の一環として、(一社)霧島工業クラブと共催にて開催されたものです。

学生が働くことやキャリアを考え、業界・企業の理解を深める為、人事担当者や先輩と面談をする機会として、本説明会を開催し、企業研究のメリット等の理解を図るとともに、学生が、今後より一層多角的な視点からキャリアデザインを行うための情報提供を行う目的で開催されたものですが、高専卒業生の受け入れ実績のある企業,または採用計画のある企業、合計26社が参加しました。

昨年までは、都城高専専攻科研究棟2階多目的ホールにて開催されましたが、年々参加企業が増加しており、今年は、より多くの企業が参加できるスペースを確保する為、第一体育館で開催されました。

(一社)霧島工業クラブ会員企業には、現在百名を超える都城高専の既卒者が勤務していますが、その既卒者や企業の人事担当者が会社説明にあたり、都城高専本科3、4年生及び専攻科生の約二百名の学生が参加し、学生からの質問に丁寧に答えて頂いているのが印象的で、大変実り多い説明会となりました。

この場をお借りしまして、今回参加頂きました霧島工業クラブの会員企業の皆様には心より御礼申し上げます。

また、来年度も開催予定ですので、これまで以上にご支援ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。



【ニュース】 平成30年12月度例会をホテル中山荘にて開催しました 2018.12.5
平成30年12月度例会を以下のように、12月5日(水)ホテル中山荘にて開催しました。

1.特別講演
12月の特別講演は、1年のしめくくりと致しまして、経済産業省九州経済産業局長の塩田康一(しおた・こういち)様に「九州の持続的発展に向けて」という演題にて、九州の強みや特徴を踏まえ、九州の持続的発展に向けた取組や方策等についてご紹介いただきした。

塩田康一様は、鹿児島県のご出身で1988年に東京大学法学部卒業後、通商産業省(現経済産業省)入省以来、2008年特許庁総務部秘書課長、2016年内閣府本府地方創生推進室次長等、数々の要職を歴任され、本年6月より九州経済産業局長に就任されております。

また、九州経済産業局は、経済産業省の九州地域7県(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)におけるブロック機関であり、経済産業施策の総合的な窓口機関となっており、次の内容についてご講演いただきました。

(1)九州経済の現状
(2)九州の持続的発展に向けた取組
   @4つの戦略分野(クリーン、医療、ヘルスケア、農林水産業・食品、観光)
   A横断的取組分野(国際化、第4次産業革命、産業人材)
(3)地域未来投資促進法

都城市長 池田宜永 様 並びに 三股町長 木佐貫辰生 様にご臨席いただきましたが、
冒頭に池田都城市長よりご挨拶頂き、産学官金関係者100名を超える大勢の方々より、大変有意義で貴重なお話を聞くことができたと大好評でした。また、九州内でも北九州に負けないよう、南九州も頑張らなければならないという声もありました。

2.霧島工業クラブ交流会 
開会に先立ちまして、都城高専より以下の報告がなされました。

(1)第6回都城高専おもしろ科学フェスティバル
11月18日 (日)に都城高専において、第6回都城高専おもしろ科学フェスティバルが開催されました。

この企画は、小中学生を中心とした未来ある子どもたちに、科学のおもしろさを伝え、将来の日本の産業界を支えるための人材育成に寄与する目的で開催したものですが、1,500名以上の多くの方々にご参加いただき、ご協力ご支援ありがとうございました。

(2)アイデア対決・高専ロボコン全国大会
11月25日(日)に東京両国国技館でアイデア対決・高専ロボコン全国大会が開催されましたが、都城高専は、どうにか2回戦まで勝ち進み、「アイデア倒れ賞」という賞を受賞し入賞することができました。

この賞は、アイデアが特に優れたロボットではあるが、その真価が発揮できなかったチームに与えられるものです。

(3)合同企業説明会
今月12月19日(水)に都城高専 体育館にて開催予定の「合同企業説明会」の参加お申込みにつきまして、多数のご参加のお申し込みを頂戴致しまして、誠にありがとうございました。

(4)モンゴル高専生への求人票提出のお願い
現在モンゴルにある3つの高専より、モンゴル高専生の日本におけるインターンシップを今年8月に実施し、5社の地元企業の皆様に受け入れて頂きましたが、いよいよ来年6月に初めての卒業生 143名 を送りだすことになりました。

現在、国会で、外国人労働者拡大による日本企業の人手不足の解消が議論されておりますが、モンゴル高専生の中には、大変優秀な学生もおり、是非ご採用を検討して頂きますようお願い申し上げます。

今月中には、会員企業の皆さまへ求人票の提出方法などのご案内を送らせて頂く予定ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


交流会は、55名の方々にご出席いただき、ご来賓のご挨拶を、都城工業高等専門学校 岩佐校長先生、並びに、宮崎県議会 議長の蓬原 正三様、宮崎県議会 議員の満行 潤一様にお願いし、乾杯の前に、先月より新しく会員となられました株式会社 内山建設 代表取締役 内山雅仁様をご紹介させて頂きました。

株式会社 内山建設 は、日向市にあり、事業内容と致しましては、土木工事業や建築工事業等されております。
また、内山社長は、本年7月に高橋明宏先生にご講演頂きました「技術士」の資格をお持ちで、都城高専にて専攻科の学生を対象に非常勤講師をされております。

乾杯のご発声を宮崎県商工観光労働部企業立地推進局局長  亀澤 保彦 様にお願いし、中締めのご挨拶を都城市ふるさと産業推進局局長の東 安幸様にお願いしましたが、今回も盛会のうちに終了しました。ありがとうございました!

*写真集をトップページのタイトル「霧島工業クラブ主催・共催行事」に掲載中



【ニュース】 東京両国国技館でアイデア対決・高専ロボコン全国大会が開催されました。 2018.11.25
1回戦は相手の不調もあり勝利を納めて2回戦に進み、NHK-BS1の生放送枠に入ることができました。2回戦は北海道地区優勝校とあたり得点力の差で敗退となりました。

その後エキシビションに選抜されるなど大会を通じて都城高専を多くアピールすることができました。しかしながら、全国会場での組立調整がうまくいかず100パーセントのパフォーマンスを披露することができませんでしたが、「アイデア倒れ賞」を受賞し入賞することはできました。

この賞は、アイデアが特に優れたロボットではあるが、その真価が発揮できなかったチームに与えられるものです。

残念ながら今年もロボコン大賞を受賞することはできませんでしたが、「アイデア倒れ賞」の受賞により来年に向けた課題は明確となりました。今後の高専ロボコン競技課題は難易度が高くなることは予想されますので、さらに技術力を高めて来年の大会に臨みたいとの決意表明がロボット製作局一同よりありました。

ロボットの製作活動および大会参加に向けてご支援ご協力をいただいた会員企業の皆さまには心より厚く感謝とお礼を申し上げます。ありがとうございました。

また、これからもロボコンやものづくりを通してまた学外でのイベントには積極的に参加し都城高専を広くアピールできるよう頑張っていくとの事ですので、何卒よろしくお願い申し上げます。

なお、この大会の模様は12月24日(月・祝)午前10時05分よりNHK総合にて放送される予定ですので、お時間ある方は、ぜひともご視聴ください。



【ニュース】 第6回おもしろ科学フェスティバルが開催されました 2018.11.18
11月18日(日)都城高専において、第6回都城高専おもしろ科学フェスティバルが開催されました。このフェスティバルは、小中学生を中心とした未来ある子どもたちに、科学のおもしろさを伝え、将来の日本の産業界を支えるための人材育成に寄与する目的で開催されたものですが、1,500名以上の多くの方々にご参加いただき、各ブースにおいて、さまざまな実験や工作に親しんでいただきました。

下記の当クラブの会員企業様にご協力ご支援いただきまして誠にありがとうございました。

マトヤ技研工業株式会社
株式会社サニー・シーリング
宮崎日機装株式会社
住友ゴム工業株式会社
株式会社ニチワ

今後とも小中学校教育支援に関する活動にご理解とご協力のほど宜しくお願いいたします! 



【ニュース】 平成30年度 都城市企業立地推進ネットワーク会議が開催されました 2018.11.14
平成30年度 都城市企業立地推進ネットワーク会議が平成30年11月14日(水)に、
メインホテルにて開催されました。

当クラブも商工分野の都城市企業立地推進ネットワーク会議委員として参加しましたが、商工分野の他、行政、農林業、学術研究、金融、インフラの各分野の団体から25名が参加しました。

議題は、企業立地の現状及び取組み、都城インター工業団地桜木地区の整備や都城市企業地優遇制度等についての説明があり、意見交換の後、懇親会が開催されました。



204 件中 116120件目を表示: 前のページ [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 ] 次のページ