庄内地区まちづくり協議会「お知らせ・ニュース」

284 件中 15件目を表示: 前のページ [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 ] 次のページ

【ニュース】 宮崎県議会「2025年問題対策特別委員会」の視察調査がありました 2017.7.27
「2025年問題」とは、団塊の世代が2025年頃までに 後期高齢者になり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を迎える事で、介護・医療費など社会保障費の急増が懸念される問題です。宮崎県議会「2025年問題対策特別委員会」(委員長:満行潤一議員、11名)は、このことについて調査及び対策を検討されています。
庄内地区まちづくり協議会の調査事項は、高齢者対策の取組(高齢者の移動手段、健康づくり、生涯学習(高齢者教室)の取組など)を中心に、地域共生社会の取組(地域の中で高齢者などを支える取組や世代間交流の取組など)についても、活動事例などがあれば、聞きたいとのことでした。
庄内地区はすでに高齢化率33.8%になっていますが、高齢者クラブの組織率の高さや高齢者学級への参加、地区内13ヵ所で「こけないからだづくり講座」開催、住民自らコミュニティバスを運行している取り組みなどに興味を持たれたのだと思います。
満行委員長のあいさつ、出席者の紹介の後釘村会長より歓迎のあいさつを行い、下記の説明をしました。
 @.庄内地区まちづくり協議会の概要(説明:朝倉事務局長)
 A.庄内地区まちづくり協議会の活動(同)
 B.市民協働型コミュニティバス「庄内ふれあい号」の導入経緯と現状(同)
 C.庄内地区「こけないからだづくり講座」とスカットボール導入について(同)
 D.庄内地区「高齢者学級」について(説明:奥田庄内地区公民館長)

そのあと、質疑応答や意見交換を行いました。馬籠高齢者クラブ会長からは介護保険の改正に伴い、要支援認定者の介護サービスは新地域支援事業に移行され、高齢者自ら支えあうようになる。乙房地区ではサロンを立ち上げ、高齢者が気軽に立ち寄れるようにする。土曜日は児童も一緒に見守れるようしたいと考えている。また高齢者クラブの組織拡大を図っているが、なかなか大変なことなどの意見が出されました。
議員からは、高齢者クラブの組織加入率を高めるためにどのようなことをしているのかや、「こけないからだづくり講座」の効果、公民館加入促進のことなど質問が出されました。また庄内地区はコミュニティづくりがうまくいっているので、これを将来にわたり次世代に引き継いでいってほしいとの意見も出されました。


【ニュース】 都城市生物多様性保全対策検討会が開かれました 2017.7.11
都城市生物多様性保全対策検討会が庄内地区公民館で開かれ「ハッチョウトンボ生息地保護対策」について検討されました。都城市生物多様性保全対策検討会(会長:樋口信義氏)委員7名の他、宮崎県環境保全アドバイザー2名、都城盆地ハッチョウトンボ保全の会2名、都城市環境政策課、三股町、曽於市関係者が出席。地元から庄内小学校重信校長岩切先生、庄内地区まちづくり協議会釘村会長、朝倉事務局長も出席しました。
オリエンテーションのあと現地に行き、それぞれの専門分野に分かれ(自然環境、昆虫・水中生物、植物、鳥類、哺乳類・両生類・は虫類)状況確認を行いました。
その後地区公民館に戻り、それぞれの調査内容を発表、今後の対策などについて検討しました。現地はちょうどハッチョウトンボの活動期でかなりの数が見られました。また希少植物なども確認できたようです。専門家のお話では湿原は形成されてまだ年数がたっておらず、ハッチョウトンボの天敵なども少ないが、これから数が増えたり減ったりしながら推移していくだろう。過度な手入れは不要だが、慎重に生育環境を守ることが必要との意見でした。
まちづくり協議会としてもこの貴重な環境を守って、子どもたちの環境教育などに活用していきたいと考えております。

検討会の目的
庄内地区関之尾町でハッチョウトンボの発生が確認され、市民保護団体の都城盆地ハッチョウトンボ保全の会(会長:福永廣文氏、事務局長:西紘平氏・発見者)が結成されました。今後ハッチョウトンボの保護活動を持続的に行っていくためには、市民保護団体の活動を推進する必要があり、そのためには地域との連携や関心ある支援者の協力が有効であると考えられます。これらのことから、ハッチョウトンボの保護を進めるにあたり、豊かな生態系が成立している環境用件を確認し、関係者の意識醸成及び連携支援などの調整が必要であると考えられ、これらの取り組みを検討します。

ハッチョウトンボ
体長17〜18mmで国内産トンボ類では最小の種である。成虫は5月頃から発生し、遅い個体は9月まで見られる。未熟な個体は雌雄とも同じような色彩をしているが、成熟すると雄は全身赤色となり、雌の腹部は茶色の地色の縞模様となる。宮崎県カテゴリー:絶滅危惧U類(VU-g)

都城盆地ハッチョウトンボ保全の会活動の記事(宮崎日日新聞2017.6.23)


【お知らせ】 関之尾滝「お雪さんの盃流し」及び「関之尾ビアガーデン」 2017.7.29開催
「お雪さんの盃流し」
 日時:平成29年7月29日(土)16:30〜 ◆雨天の場合7月30日(日)に順延します
 主催:荘内商工会
 場所:関之尾公園内

  16:30〜 神事(川上神社)
  17:00〜 盃流し(滝上流)


「第14回関之尾ビアガーデン」
 日時:平成29年7月29日(土)17:30〜 ◆雨天の場合7月30日(日)に順延します
 主催:荘内商工会青年部
 場所:北前公園内(関之尾滝600m手前を左に入り500m、入口看板あり)

  17:30〜 フラダンス(Ka Lulu Aloha Hula Studio)
  18:00〜 バンド演奏
  19:00〜 高城プロレス

 お得なサービス券付前売りチケットを商工会青年部員が販売しています。
     当日現金でもOKです。

 ◎問い合わせ先 荘内商工会 電話0986-37-0024


【ニュース】 山之口地区まちづくり協議会が研修に来られました 2017.6.22
山之口地区まちづくり協議会(会長:下西勝彦さん)の皆様14名が視察研修に来られました。平成28年3月に設立され、今年は3年度目になるとのことでした。
庄内地区の三大イベント(庄内地区スポ・レク大会、庄内ふるさと祭り、庄内川一周YOU遊駅伝大会)や部会活動について説明しました。また事前にいくつかの質問を受けておりましたので、それぞれ説明しました。
説明の後、質疑と意見交換をしましたが、多くの質問が出ました。山之口地区は6つの地域に33の分館があるということでした。それぞれ環境は違っても、お互い地域の未来を見据えてこれからも頑張っていこうと思いを新たにしました。


【ニュース】 五十市地区まちづくり協議会が研修に来られました 2017.6.20
五十市地区まちづくり協議会(会長:坂元晃さん)の皆様20名が視察研修に来られました。特に地区ぐるみのイベントや部会活動について聞きたいとのことでした。庄内地区では三大イベント(庄内地区スポ・レク大会、庄内ふるさと祭り、庄内川一周YOU遊駅伝大会)を行っていますので、説明しました。各部会の活動は毎年継続して行っているものと、平成25年度〜28年度に行った地域活性化事業についても説明しました。
その後は質疑と意見交換をしましたが、多くの質問や、お互いの課題について話し合いました。五十地区は範囲が広く、自治公民館が23館あり大変な面もあると感じました。また古くからの住民と新しく来られた住民の交流なども苦労されているようでした。


284 件中 15件目を表示: 前のページ [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 ] 次のページ